全自動でほったらかし投資ロボアドバイザー

今回は、私が密かに期待している、ロボアドバイザーについてお話していこうと思います。

ロボアドバイザーについては、以前から、かなり気になっていたのですが、昔、FXのシステムトレードで損失を被ったこともあり、にわかに信用できずにいまいた。

ブログなどで、いろいろな方が運用成績を公表しているので、今回は、情報収集をしっかり行い(自分なりに行ったつもりです)、リスクも考え、チャレンジしてみることにしました。

ロボアドバイザーの選択

ロボアドバイザーにも、WealthNavi(ウェルスナビ)、THEO(テオ)、楽ラップなどいろいろあります。

お金があれば、すべて試してみたいところではありますが、元手が少ないので、1つに絞ることにしました。

ここは、深く考えすぎず、情報量の多さと他の方々の運用成績のよさから、ウェルスナビを選択。

ウェルスナビで運用開始

まずは、どんな運用プランにするか選んでいきます。

簡単な質問に答えていくと、おすすめの運用プランでシミュレーションしてくれるので、まず無料診断からトライ。

     

↑私の場合こんな感じです。あくまで、AIおすすめシミュレーションなので、状況に応じて、最初の投資金額(最低10万円から)や、毎月の積立金額(0円でもOK)、リスク許容度(1~5)など自分で変更も可能です。

リスク許容度によって、投資する金融商品の比率が変わります。

例えば、私が選んだリスク許容度5は、ハイリスクハイリターンで株式を多く組み入れています。

それに対して、リスク許容度1は、リスクは少なめということで、債券の比率が高いです。

そもそも、債券は証券会社や保険で運用してるので、私は、自分のあまり持っていない株式を多めにするプランを選びました。

それと、運用期間を30年と長めに考えているので、リスクを大きくとっても、時間が吸収してくれることに期待しました。

そして、月々積み立てていくことで、取得金額を平均化して、変動リスクを抑え、株安の際には追加で資金を投入していく予定です。

運用を始めてみて

運用を始めてみて、うれしい驚きもありました。それは、分配金です。

5月に始めて、6月には少額ではありますが、配当金がもらえました。それから、毎月配当があります。

外国株式や国内株式、債券などそれぞれに配当金があり、毎月受け取れるものやたぶん、3~4か月に1回のペースで受け取れるものなどがあるようです。

受け取った配当金は、一時現金としてポートフォリオに組み込まれますが、積立の購入金額に合算されます。配当金が加算されることによって、積立金額より多く購入でき、資産が増えていきます。いわゆる、複利の効果です。

さて、5月に10万円を投入し運用を開始して、5,6,7月と毎月1万円積立をして、8月現在までの流れが、下のグラフです。

今のところ運用期間が短く、複利や長期運用の効果が出ていないので、投資金額より増えたり減ったりと毎日の株価の影響を大きく受けていますが、今後、時間をかけて大きく資産が増えていくことに期待しています。

ロボアドバイザーのメリットは他にも

私の中で、ロボアドバイザーを使う最大のメリットは、手間がかからないという点です。

やはり、毎日仕事をしていると、株や投信を買ったり売ったりすることが時間的に難しいです。また、数ある商品を調べて、選ぶということが初心者には難しいです。

手数料が資産に対して毎月1%かかるので、手数料として考えるとお安くはありません。自分で選んで自分で運用できるというのなら、ロボアドバイザーの力を借りる必要はないかもしれませんが、私のように時間がない方は、1%の手数料を払ってでもやる価値はあると思います。

目標は、1000万円。確率は39%ですが実現できると信じております。今後に期待!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする