現状分析2

低所得者の私の入ってくるお金は、多くありません。潤沢に投資に充てるお金があれば、そのお金を元手に大きく増やしていくことは可能かもしれません。しかし、そのお金がないので、まずは、投資に充てるお金を捻出することからはじめます。でも、あれをやめてこれをやめてという節約は長く続かないと思いますので、無駄を削ることで捻出しました。

何となくを見直す

そのためには、まず、自身の中の「何となく」を考える必要があります。

例えば、

  • 何となく、ずっと使い続けてきたから・・・
  • 何となく、有名だから・・・
  • 何となく、安心だから・・・

みなさんも「何となく」というものありませんか?

この「何となく」をやめようとすると、「何となく」不安になるので、なかなかやめられないものなんですが、やはり、この「何となく」に無駄がかくれている気がします。

私がやめた「何となく」の1つは、スマホです。

あっ、スマホを持っていないということではありません。通信会社の見直しです。

携帯をはじめて契約して10年以上、会社の名前はいろいろ変わりましたが、ずっと同じ通信会社で契約しておりました。格安simがいろいろ話題にのぼったときも、気にはなるけど何となく、今の状態を変えることに不安で、そのままにしていました。

でも、やっぱり気にはなる。だって、安いんですもん!

さぁ、ここで、私にとってのスマホについて、きちんと考えてみることにしました。

  1. 家と会社は、Wi-Fi環境が整っている。
  2. 車通勤なので、通勤中はマップで渋滞をチェックするくらい。
  3. 外で動画を視聴することは、ない。

携帯料金の中で、データ通信をいくらにするかでだいぶ変わってきますが、私の場合、そのほとんどを使えていなかったようです。今思うと、かなりもったいなかったですね。

なぜ、〇〇なのかを考える

そして、もう一つ「なぜ、〇〇なのか」です。

ここの、こういうプランや機能が他にないので、これを選んでいますという、明確な理由があるのかという点です。

まぁ、何となく続けていただけなんで、そんな明確な理由なんてありません。これで、踏ん切りがつきました。

ここまで、考えて頭が整理されている状態になると、新しいものを選ぶのは意外とすんなりいきます。

通信会社を変えるだけで、毎月の通信料が機種代込みで6000円代から3000円代と半分に減りました。ちなみに、今のところ不自由はありません。

この、「何となく」は通信料だけでなく、いろいろなところに隠れています。

  • あまり使わないけど、だらだら続けている有料サイト。
  • 何に使えるかよくわかっていないけど、何となく不安だから加入している保険。
  • ほとんど行かないけど、いつかいくかもしれないと思い続けているスポーツジム。

上の例は、私の抱えていた何となくの一例ですが、みなさんも、まず、自分の中の何となくを見直してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする