それは投資か、ギャンブルか。

こんばんは。先日、通勤途中にサイレンの音が聞こえて、交差点のところで止まっていると、緊急車両が通過していったのですが、なんと、救急車でも消防車でもパトカーでもなく、電力会社の車でした。

よくよく、調べてみると、緊急車両というのは、救急車と消防車とパトカーだけのものではないようです。うん十年生きてきて初めての出来事でした。

さて、今日は私が投資で負けてしまう原因を分析していきたいと思います。

投資している商品は?

利益が出ている・・・債券、投資信託、ETF、外貨預金、ロボアドバイザー、保険

損している  ・・・FX、仮想通貨

わかりやすいですね。まるで、お手本のようです。

世間一般に高リスクといわれているもので、しっかり負けています。

利益が出ているのものほぼすべてが、インカムゲインで長期投資というイメージ。

損をしているものは、キャピタルゲインで短期売買というようなイメージです。

なぜ、私はFXで勝てないのか?

実は、FXに関しは途中で投資スタイルを変えています。今までは、キャピタルゲイン狙いで、スワップは無視していたのですが、今年からスワップ狙いの長期投資に変えてみました。

しかしその結果といえば、まだ、負けが決定しているわけではありませんが、現状は、大幅マイナス。もちろん、長期投資予定なので、ロスカットされない限りは放置しておく予定ではありますが、このままでは、プラスになるのに5年以上かかる計算です。

今回の取引を振り返ってみましょう。

①ネットで、高金利通貨のスワップ投資について学ぶ。

・一気に購入するのではなく、下がったら買い増していく、ナンピン買いをすれば平均取得単価が下がるのでよりリスクが減る。

・スワップの一番高いトルコリラなら、1日80円×30日で1月2,400円。2,400円×12か月で28,800円。1円、2円下がってもスワップで吸収可能。

・トルコリラ最安値更新。

②トルコリラを購入。

③最安値更新中も迷いなく、追加購入。

さて、何がいけなかったのでしょうか。はい、すべてダメです。

以下、ダメポイントを抜き出してみました。

トルコリラを買おうと思った理由

これは、ただ、一番スワップが高かったからで、トルコがどういう国で、「なぜ、金利が高いのか」「なぜ、どんどんトルコリラ安になっているのか」などまったく気にしていませんでした。

以前、証券会社の方とお会いした時に、トルコリラについて聞いてみると、「アメリカが利上げしていく局面では、おすすめできない」とおっしゃっていました。まあ、この時にはもうトルコリラを購入済であったために、後には引けなくなっておりましたが。。。

今は情報社会です。いろいろな情報が簡単に手に入ります。良い情報だけでなく悪い情報にもしっかり目を通してから投資先を決める必要があります。

割安感からの購入

私が購入した時は、連日の最安値更新中のときでした。

この時、私が何を思っていたか、

「最安値って、今が底なら買わなきゃ損!もし、さらに安くなったら、追加で買っていこう。」

こんな風に思っていたんです。

勝手に今が一番安いのでは?と思い購入してしまった訳です。そして、さらに安くなると同じような考えで、追加で購入していきました。

投資の格言といいましょうか、「頭としっぽはくれてやれ」という言葉があります。これ、その通りだと思います。誰が言ったのか、昔の方は偉大ですね。

最大限の利益を狙いにいくのではなく、なるべく、負けない投資を心がけるべきです。

投資計画がない

投資計画といっても、そんな大それたものではなく、今後こうなったらこうしようという単純な話です。FXは特に、強制決済(ロスカット)がありますので、いくら、ポジションをもっていたら、どれくらいでロスカットされるか。どこまで耐えて、どこで損切するのかを考えておく必要があります。

やはり、一発退場にならないように、大きな損失を出さない資金管理は欠かせません。

私の場合は、損切ができず、現状、ずるずる引きずっている状態です。この状態だと、口座にお金をキープしておかなければ不安で、他の投資に充てるお金が減ってしまいます。

まあ、このようにダメダメポイント満載だった訳です。

さて、今後、このトルコリラがどうなるのか、よくわかりませんが、不安な日々が続きます。

みなさんも、一か八かのギャンブルになってしまわないように、私の経験を踏み台にして負けの少ない投資で明るい未来を、つかみとりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする